FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

海南鶏飯(ハイナンチーファン)

簡単激ウマアジアご飯「海南鶏飯」。シンガポールチキンライスとかカオマンガイとか呼び方は色々ありますがタレが違うだけで基本的には同じ料理らしいです。

IMG_5140.jpg


☆材料 3~4人分

鶏胸肉 2枚
生姜 1/2カケ
ネギの青い部分 1本分
水 4カップ
酒 60cc
塩 小さじ1

米 2合

【醤油タレ】
黒砂糖:醤油 2:3の割合 (小さじ2:小さじ3)

【生姜タレ】
おろし生姜:レモン汁(小さじ1:小さじ1) 塩・砂糖 少々

スィートチリソース 適量

今回の付け合せ・トッピング きゅうり・プチトマト・万能ねぎ


1.鍋に水、酒、塩、ネギ、薄くスライスした生姜を入れて火にかける。沸騰したら鶏肉を入れて再度沸騰させアクをとる。弱火にしてフタをし5分ほど茹でる。火を止め20~30分程放置し余熱で火を通す。

IMG_5126.jpg IMG_5128.jpg

2.米を洗って水を切り炊飯器に入れる。1のゆで汁を分量通りに入れ炊く。

IMG_5133.jpg

3.付け合せの野菜を切る。タレの材料をそれぞれ混ぜて準備しておく。鶏肉は冷ましてから食べやすい大きさに切る。ご飯が炊けたら盛り付け飾り付けて出来上がり。

IMG_5131.jpg IMG_5134.jpg  


基本的に放置してればできるんです。火にかけ余熱で放置(余熱で火を通すとしっとりするんですよ~)炊飯ボタンを押して放置。少し野菜を切って、調味料を混ぜてタレを作るだけなんです。簡単です。余った鶏肉の茹で汁は鶏肉を保存するためのつけ汁にしてもいいですし、スープにしてもいいです。付け合せはホントはパクチーにしたかったんですが無かったので万能ねぎにしました。代わりに千切りにしたシソを添えてもいいです。食べ方はタレに付けて食べる。かけて食べる、どちらでもいいです。ちなみに私は最初は付けて、後半はかけてミックスして食べます。

IMG_5141.jpg IMG_5142.jpg

鶏肉は胸じゃなくても、ももでも手羽元でもいいです。私はももより胸の方がさっぱりしてて好きです。何より安いし。手羽元はやったことないですがダシが出ておいしそうですね。次回にでもチャレンジしてみます。お米もジャスミンライスとかタイ米がベストだと思いますが、手に入りにくいし高い!普通のお米でも十分美味しいです。

ちなみに醤油ダレはホントはブラックソイソースを使うみたいなんですが醤油に砂糖を入れて代用。カオマンガイのタレはタイの味噌が入るみたいです。今度味噌で作ってみようかな。

スポンサーサイト
14:00 | ごはんもの | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

七草粥

明けましておめでとうございます。お正月の暴飲暴食で胃が疲れてませんか?わたしはお正月じゃなくても暴飲暴食…。明日は七草ですね。疲れた胃には優しいお粥を。

IMG_3538.jpg



☆材料 2人分

米 1/2cup
水 3と1/2cup

七草(せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ) 適量

塩 少々


1.米を洗う。ザルにあけ水を切り土鍋に入れる。分量の水を入れ30分~1時間置く。

IMG_3523.jpg


2.最初は強火で、沸騰したら弱火にして鍋底からかき混ぜて蓋をずらし40分ほど煮る。

IMG_3528.jpg


3.七草を適当な大きさに刻んでおく。お粥が炊ける5分くらい前になったら鍋に入れる。

IMG_3529.jpg


4.炊き上がったら塩を少し加えて出来上がり。

IMG_3531.jpg


今回は7分炊きで作りました。固すぎずサラッとしすぎず。ちょうど良くとろっとした感じ。わたしは塩だけのシンプルな味付けが好きなんですが、物足りなければ塩味を効かせ白ごまや生姜を入れたり、ごま油を少し垂らすのもいいと思います。



水分量の覚書き 
 米:水の比率
 ・全粥 1:5
 ・7分 1:7
 ・5分 1:10
 ・3分 1:20





19:17 | ごはんもの | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

豆腐とアボカドの丼ぶり 鷄むね肉のカリカリ焼き

フワトロの豆腐とアボカドにアクセントとしてカリカリに焼いた鷄むね肉を添えました。

IMG_1536.jpg


☆材料 2人分

【豆腐とアボカドの丼】
アボカド 1個
豆腐 1/2丁(150g)
醤油 小さじ2
めんつゆ 小さじ1(2倍濃縮使用)
わさび 適量 

パプリカ 
サラダ菜 
白ごま
黒胡椒  各適量


【鷄むね肉のカリカリ焼き】
鷄むね肉 40g

胡椒
片栗粉  各適量

サラダ油 適量



1.豆腐をよく水切りする。パプリカを適当な大きさに切る。

2.鷄むね肉を1cmくらいの厚さで4枚に切る。ラップで挟んでめん棒で叩たりローラーして伸ばす。まな板が透けて見えそうなくらい薄くしたら塩・胡椒をふる。

IMG_1535.jpg


3.鷄むね肉に片栗粉をまぶし多めの油でこんがり揚げ焼く。キッチンペーパーに取り油を切る。

4.1.5cm角くらいに切ったアボカドと手で崩した豆腐をボウルに入れ、醤油、めんつゆ、わさびを入れて混ぜ合わせる。

5.サラダ菜を添えて盛りつけ白ごま、黒胡椒、パプリカを飾り付ける。鷄むね肉を添えて出来上がり。



豆腐はよく水切りしたほうがキレイに仕上がります。フワトロだけだと飽きちゃうのでカリカリがいいアクセントになります。鷄むね肉のカリカリはおつまみにもなるのでおすすめです。
17:50 | ごはんもの | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

厚揚げとアボカドの丼ぶり

超簡単!速攻で作れます。

atuabo.jpg


☆材料 2人分

厚揚げ 1枚
アボカド 1個

紅しょうが 
かつお節 
白ごま
万能ねぎ  各適量

【タレ】
醤油:めんつゆ(2倍濃縮使用) 2:1の割合
わさび 適量


1.厚揚げをフライパンで焦げ目がつくまでひっくり返しながら焼く。テフロンなら油不要。

2.厚揚げとアボカドを程よい厚さにカット。7~10mm程度。

3.ご飯の上にキレイに並べ、紅しょうが、かつお節、白ごま、万能ねぎをちらし醤油、めんつゆ、わさびを混ぜたタレを回しかけたら出来上がり。


焼いた厚揚げのカリフワ感アボカドのトロトロ感がたまんないです。アボカドって「森のバター」のほかに「食べる美容液」とも言われてるらしく、美容にいいみたいです。美肌とかアンチエイジングとか。夏バテ防止にも効果があるのでこれからの季節にいいですね。
00:26 | ごはんもの | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

しらす丼

生と釜揚げ2種類作ってみました。ほとんど盛り付けるだけなので簡単。分量はお好みで。





◎生しらす丼



☆材料

ごはん
のり
しそ
生しらす
卵黄
万能ねぎ
ごま
しょうが

の順番で盛り付け。おしょう油をかけていただく。 余った卵白はお味噌汁に。トマト、アスパラを入れてみました。





◎釜揚げしらす丼


☆材料

ごはん
炒り卵
青のり
のり
しらす
万能ねぎ
しそ
ごま

こちらも順番で。おしょう油をかけて。炒り卵は卵1個に対して砂糖小さじ1、塩少々をフライパンでいるだけ。
12:27 | ごはんもの | trackbacks (0) | edit | page top↑

大豆入りキーマカレー




☆材料 4人分

牛豚合挽き肉 150g
大豆水煮 50g
玉ねぎ 1個
にんじん 1本
ピーマン 1個
おろししょうが 小さじ1
おろしにんにく 小さじ1/2
カットトマト缶 1カップ
水 1カップ

ローリエパウダー 適量
カレールー 適量
カレー粉 適量

卵 1個
ご飯 好みで


1.大豆、玉ねぎ、にんじん、ピーマンをみじん切りにする。卵は茹でて半分に切っておく。

2.挽き肉と1の具材、しょうが、にんにくを炒める。玉ねぎがしっとりしてきたら水、カットトマト、ローリエパウダーを入れ煮る。

3.煮汁が半分位になったら火を止めカレールーを溶かし入れる。

4.弱火にかけもったりとするまで焦げ付かないようにゆっくり煮る。

5.火を止めカレー粉を入れて混ぜる。平たく盛り付けたご飯に平たく盛り付け、ゆで卵をのせて出来上がり。



★ローリエはふた振りくらい。カレー粉、カレールーはゴールデンをふたかけ使いました。ルーによって大きさや味の濃さなど違うと思うので、味を見ながら調節して下さい。

「キーマカレー」の「キーマ」って何だろうって思ってWikiで調べました~。「キーマカレー」とはひき肉を使って作ったインド料理の一つ。「キーマ」とはひき肉という意味だそうです。
21:41 | ごはんもの | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。